【男性のマッチングアプリ写真】自撮りはNG!女性が”いいね”したくなる正解例を紹介

婚活

いくら結婚相手は”内面の相性”と言えど、

マッチングアプリで真っ先に見るのは”外面であるプロフィール写真”です。

プロフィール写真は、マッチングアプリ婚活を行う上で最大の要とも言えるでしょう。

写真でピンと来てもらえなければ、内面を見せたくともプロフィール文のページに進んでもらえません。

なのに!!

写真がいい加減な男性が多すぎる!!

“いい加減“に留まらず「おめぇこれ正気か」と思う男性も大勢。

今回は、私が見た実在したヤバイプロフィール写真男と、実際に“良い!”と思う写真例をまとめました。

是非とも男性のマッチングアプリ会員の皆々様には、頭の片隅にでも入れてもらえたら嬉しいです。

なかなかいないとは思いますが、もし「ヤバイ」ほうに当てはまってしまっている人がいれば、すぐに写真を替えてほしい。心臓にわるいので…

スポンサーリンク

ほんとうにあった怖いプロフィール写真

マッチングアプリ。

「おめぇこれ正気か」と思うヤバイ人が多すぎる。

以下は、私が2021年の一粒万倍日にご縁有れとマッチングアプリを始めるも、

男性たちのプロフィール写真が怖すぎて即刻気持ちが折れ、

しんだ私のやる気を供養するべく、Twitterでお焚き上げるために作った

ほんとうにあった怖い写真たちです。

怖さレベルをほぼゼロにしてくれるいらすとや素材に感謝。

完全ノンフィクション。

突然、男と目が合った。

暗闇でドアップのマッチングアプリプロフィール写真

黒一色~っと思った瞬間、男と目が合った。

ホラー画像過ぎる。

ぐちゃぐちゃにされた友人たち。

ぐちゃぐちゃに友人を加工したマッチングアプリプロフィール写真

友達との集合写真。

とても仲が良さそうな距離感で写る彼の友人達の顔は、

…ヒトの原型を留めないほどに、ぐちゃぐちゃにされていた。。


この2つは本当に怖かった。

2人ともサイコパスだと思う。たぶん。

まあ、この2つは異質だとして、、

女性ウケ最悪最低なのに、”あるある”なプロフィール写真

スポンサーリンク

マッチングアプリを使っている女友達同士では、一緒にアプリを開いて男性会員の写真を眺めながらお酒を飲むこともあります。

あまりお行儀がよくないですね、はい、すみません。(1人じゃ辛くてやってらんない時もあるんです。。)

そんな中、女性が口を揃えて『なんでみんなそこで撮るんだよ!』とツッコむ写真№1。

マッチングアプリプロフィール写真で

トイレや洗面所の鏡に映った姿の自撮り。

鏡も水垢で汚かったり、鏡に映る収納ラックやら何やらが醸し出す生活感。

1mmも知らん人のプライベート空間。本当に受け付けない。

エレベーターの中の鏡も同じ。どうしてそこで撮ろうと思ったの。なんでなの。

鏡に映った自撮りを現在使用している方がいたら、今すぐ変えるが吉です。

そもそも自撮りがダメ。

鏡に映った姿の写真が~などと申しましたが、そもそも男性の自撮りがウケ良くないです。

ただしイケメンは許されます。

めっちゃ良~~~!!!!いいねいいねいいねいいね!!!


女性から「この人カッコいいから会いたい」と思われる容姿レベルの男性でなければ、プロフィール写真で自撮りは使わない方がいいです。

自撮りは、ほとんど顔しか分かりません。

1枚の写真に載せる情報の配分において、他の何にも頼らず顔面の造形に100%全振りで本当に大丈夫かどうか、今一度ご自身のお顔をご確認ください。

自撮りは顔で勝負できる(したい)人だけ使うべし。

私が好む男性プロフィール写真例

じゃあ、どういった写真が「良い!」と思うのか。

(完全に私の好みの話になるので、参考程度に読み進めてほしいということだけ再度ここに記しておきます。)

  • 仕事をしている時の写真
  • 趣味をしている時の笑顔の写真
  • 食べ物と一緒に写っている写真
  • 旅行中と思われる楽しそうな写真

の4つです。

仕事をしている時の写真

まず、仕事をしている時の写真。

仕事の種類にもよりますが、オフィスワークであれば、オフィスであると分かるところで、仕事着で、ちょっとアレかもですが恥を忍んで同僚に撮影をお願いしてください。

恥ずかしそうなフニャフニャした顔になってしまったとしてもそれはそれでOKです。

それを見て私は「この人、職場で愛されてるっぽいな」「コミュニケーションは取れそう」と安心します。

あとは、セミナーや会議の発表などで壇上に上がって喋っているような写真も◎。

「頼りになりそう」「仕事できそう」感が出てよいです。

趣味をしている時の笑顔の写真

趣味(初対面の人に言えるものに限る)をしている時の“笑顔”の写真。

笑顔が肝心です。

“笑顔”が、肝心です!!

よく見るのが、サッカーとかフットサルが趣味という人で、ボールを蹴った瞬間の写真を載せている人。

怖いんですわ。。

男性ウケは良いのかもしれない。わからんけど。

女性は、というか私は、まだ何もよく知らん人が必死な表情で思いっきり何か(ボールだけど)を蹴ってる写真、怖いんよ。

試合中の写真を載せるのであれば、笑顔でイエーイってやってる写真とかがよいです。

↑こういうの最高◎。

最高◎◎◎です。

食べ物と一緒に写っている写真

人って、食べ物の前ではとても優しい表情になると思うんですよね。

これから食べるぞーって時に、ご友人には申し訳ないですが、数枚写真を撮ってもらってください。

↑これは「おい、これ絶対女と行っただろ感」が強すぎるけど、イメージとしてはこんな感じ。

決して映える食事じゃないといけない訳ではないです。

治安が悪そうすぎる、汚すぎる店じゃなければOK。

旅行中と思われる楽しそうな写真

海外旅行でも、日本国内でも、都内でやってるような「〇〇展」とかの看板の前とかでもいい。

“こういうのが好きなんだなぁ”と分かるような写真。

これも笑顔で楽しそうであってほしい。

↑(庄司続きだけど、)こういう写真。


スポンサーリンク

つまり、全てに当てはまるのは

“安心感がある写真”であること。

マッチングアプリで出会うことが当たり前になった世の中とはいえ、

やはり女性としては、知らない男性に会うことは怖いです。

大抵の男性には絶対に力では敵わない。

実際に、私の友達から睡眠薬を(おそらくだけど)盛られて気分が悪くなって帰れなくなったという話も聞いた。

そんな「マッチングアプリで出会った男性に〇〇された」という話に対して、”ネットで会ったんだから自業自得でしょ”とまだまだ言われる世の中。だと感じます。

女性は、自衛していくほかありません。

既婚者も多いし…。

(参考:【この人既婚です!】マッチングアプリに生息する既婚者たちを見分ける方法

マッチングアプリで公開されている限られた情報の中から

『この人はしっかりコミュニケーションが取れる人だろうか。』

『暴力的だったり、他におかしく危なそうなところはないだろうか。』

などの事柄を、読み取らないとならないわけです。

そんななか、

プロフィール写真に、ちゃんと人となりが垣間見えるような写真が載っており、

しっかりとその人の紹介材料として機能している

このことだけでこちらは十分な安心感があり、

それが出来ていない大多数の他の男性会員とは、大きな差が生まれると思います。

その他、不必要なサブ写真例

そのほか、不必要(むしろマイナス)と思う写真。

  • 車・腕時計の写真(持ってるアピールなのかもしれないけど、だからなに感)
  • 高そうな料理の写真(連れてってあげるよということ?パパ活?)
  • 手の写真(指が綺麗と誰かに褒められたのかもしれないけど、それをプロフィール写真に載せる下心みたいなのがキモイ)
  • マスクをしてる写真(取りな)
  • 知らん子どもとの写真(誰の子)
  • シンデレラ城の前で撮ったトリミング加工後の写真(どうして)

物撮り写真は、メッセージのやり取りをする上で話題のきっかけになったりもするから、ある程度は必要だとは思うけど、意図が分からない物撮り写真は要らない。

プロフィール文で全く触れてない物の写真とか、

なんだ?Next Conan’s HINTかな?


以上、私の好みによる男性のマッチングアプリプロフィール写真の〇×でした。

今は私はマッチングアプリをお休み中ですが、

どうかまた次に私が重い腰を上げたとき、恐怖体験だけはもうありませんように…

スポンサーリンク

お名前.comにほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村

コメント